トップページへ
 攻撃とダメージ処理
・自機の攻撃動作   | 利用規約 | 使い方 | 操作方法 |
■説明
Zキーで攻撃動作(剣を突き出す)を行います。
腕と剣の描画、攻撃中の移動制御の2点が主なポイントになります。


■参考
自機の移動 - ハシゴ動作

■解説
A.腕と剣の描画
 $armが腕、$weaponが剣を描画するプログラムになっています。
 動作としては、

   1.Zキーが押される。
   2.appearメソッドで$armが呼び出される。
   3.$armが腕を描画している途中で、appearメソッドから$weaponがさらに
      呼び出される。
   4.$armと$weaponが同時に腕と剣を描画する。
   5.指定回数分描画したら終了

 という流れになります。
 簡単なグラフィックで描いていますが、より迫力のあるアニメーションをさせたい場合、
 アニメーションツールを使用し、武器動作時のドット絵を準備すれば
 よりゲームっぽくなると思います。

B.攻撃中の移動制御
 ・武器振り中は、左右移動、ハシゴ昇降、ジャンプ動作はできない。
 ・ジャンプ中に武器を振り、向いている方向と反対方向のキーが押された場合、
  武器が消えるまでは向きを変えない。

 以上2点の制約をつけてあります。



トップページへ