トップページへ
 これ以上簡単に書けないゲーム制作講座
 足踏みをさせる 前のページ   次のページ
オブジェクトが左右に移動した際に、足踏みをさせてみます。これでよりゲームらしい動きになります。以下の3文を追加してみてください。
extends SpriteChar;

p=$pat_chara+0;
anim=newAnimation();

while(1){
if (getkey(39)>2) {
anim.swing($pat_chara+0,$pat_chara+2,12);
x=x+1;
f=1;
}
if (getkey(37)>2) {
anim.swing($pat_chara+0,$pat_chara+2,12);
x=x-1;
f=-1;
}
update();
}

実行してみると、移動したときに足踏みをはじめます。

プログラムの説明です。
anim=newAnimation();
アニメーションを使用するときに使います。これでanimという変数を、アニメーション用の変数(アニメーションアダプタ)として使うことができます。animという名前を別のものに変えることもできます。この場合はanim.swingの文も、別の名前に変えてください。変数って何?と思われると思いますが、後で説明します。

anim.swing($pat_chara+0,$pat_chara+2,12);
アニメーションアダプタanimに対して、アニメーションを実行させます。前回キャラクタパターンを読み込んでいただきましたが、この画像には番号がついています。$pat_chara+0〜$pat_chara+5まであるのですが、上の命令では0→1→2→1→0というように画像を変更させます。最後の12という数字はアニメーションの早さを表しています。数字を小さくすればアニメーションが早くなり、大きくすれば遅くなります。一度試してみてください。


前のページ   次のページ


|  トップページ | このサイトについて | 利用規約 | ご意見・お問い合わせ |

TonyuアクションRPG - ゲームプログラミング解説 -