トップページへ
 ゲーム制作ツール
 Game Maker
ジャンル
汎用ゲーム制作ツール

特徴
アクション・シューティングなど多様なゲームを作成できる。
当たり判定、マップ作成、イベント管理などはすべて統合環境から
コントロールでき、視覚的にも理解しやすい構成になっている。

イベントドリブン型のプログラミングを採用しており、オブジェクトにどんな
動きをさせたいか、アイコンを順番に並べていくことで所望の動作を
させることができる。直感的で初心者にはわかりやすい。
「GML」と呼ばれるスクリプト言語が用意されており、より複雑なゲームを
作ることも可能。初心者から上級者まで扱えるゲーム制作ツール。

無料でも使用できるが、有料登録(US$20)すると、ゲームの実行ファイル
を起動したときに表示されるロゴが除去され、機能が追加される。

英語のソフトであるが、日本語版パッチがGame Maker Japanから
入手できる。同サイトには関連ドキュメント、ゲーム、チュートリアルが
ある。チュートリアルを読み進めれば初心者でも簡単なゲームはつくる
ことができる。






動作環境
Windows 98/Me/2000/XP + DirectX 5以降
ディスプレイ 800×600以上、High Color(16ビット)以上


関連サイト
Game Maker公式サイト(英語)
Game Maker Japan - 非公式情報サイ

ゲーム制作ソフト
Tonyu System公式サイト




Tonyuとは
ダウンロード
チュートリアル
プロジェクトボード

BBS






トップページへ